信州たかやまワイナリー

Wines 信州たかやまワイナリーのワイン

Varietal Seriesヴァラエタル シリーズ

2017

Varietal Series

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ピノ・ノワール

厳しい気象条件となった2017年。
ブドウ栽培には複雑な年でしたが栽培家の情熱と愛情が注がれたブドウが収穫されました。

 

◆ピノ・ノワール2017

アルコール分 12 %

生産本数 約3,200本

軽やかな赤い果実、しなやかな酸とタンニンが華やぐワイン

厳しい気象条件のなか栽培家の努力により実を結んだワインは、軽やかな赤い果実、
シナモンなどのスパイスと優しいタンニンを感じさせ、流れるように口内で華やぎます。

ワイナリーで私たちは毎日、ブドウやワインを前にワクワクと緊張の繰り返し。
誰にでもある日々のそんな緊張を、するりとほぐしてくれるワインです。

•小さな赤い果実やドライイチジクなどの香り、やや収斂性のあるタンニンと引き締まった酸味を感じ、全体的にやさしい味わい。
アフターに微かに感じる樽香とスパイシーさが全体のボリューム感を高める。
•焼鳥(塩)、鶏肉を使った料理など
•飲み頃温度13~18°

2017年

Varietal Series

ME&CS2017
メルロー&カベルネ

日照り続きの春、多雨の夏秋であった2017年。
ブドウ栽培には複雑な年でしたが栽培家の情熱と愛情が注がれたブドウが収穫されました。

◆メルロー&カベルネ 2017

アルコール分 12 %

生産本数 約5,800本

 

“果実味と程良いタンニンがお皿に寄り添う赤ワイン"

日照り続きの春、多雨の夏秋であった2017年は栽培家の苦労も多い年でした。ひんやりとしたワイナリーでゆっくりとした時間を過ごしたワインは、芯を持ちながらもしなやかな味わいとなり、難しい気候条件の中で育ったブドウの逞しさや凛々しさを感じさせます。適度な酸は軽やかさを、繊細で存在感のあるタンニンは心地よさを演出します。

 

※順次、全国酒販店様にご案内してお取り扱いをお願いしていきたいと考えています。

・赤いベリーの香りに加え、ハーブ(ナツメグ、シナモン)やコーヒーやココナッツなどの香り、味わいは繊細なタンニンと程よい酸。雑味の少ないクリーンな味わい。
・フルーツソースのお肉(ジビエ等)や、ブリの照り焼きなど甘さと酸味がバランスされたお料理との相性もよい。
・飲み頃温度 13~18℃

2017

2017sb
ソーヴィニヨン・ブラン

日照り続きの春、多雨の夏秋であった2017年。
ブドウ栽培には複雑な年でしたが栽培家の情熱と愛情が注がれたブドウが収穫されました。


◆ソーヴィニヨン・ブラン 2017

アルコール分 12.0%
生産本数 3450本

フレッシュなハーブのアロマ、ミネラル感、ほのかに感じるスパイスのニュアンス、そしてジューシーなリンゴをかじった様な味わい。果実味と共に透明感ある酸が最後まで生き生きと続きます。高山村の新緑やリンゴ畑…。ブドウ畑の周りの風景も感じられる様なワインとなりました。

黄色い果実を連想させる香りと爽やかでしっかりとした酸味が特徴のワイン。
アフターまでしっかり残る酸は、生ハムなどの脂をリセットし食欲をそそります。
飲み頃温度は13〜16℃

2016年

image001
メルロー&カベルネ

 高山村内で収穫されたブドウのみで醸造しています。

 品種毎、畑ごとに醸造を行い、ブドウ品種の持つ特徴を活かし、また、村内の各所に広がる畑の多様性を活かしつつ全体が調和した味わいを目指しました。

 当ワイナリーの生産するワインの内、ボリュームゾーン(生産数量が最も多い)のシリーズになっています。

※味わいのバランスを考慮し、酒質安定化処理(滓下げ、濾過等)は最小限にとどめているので、熟成によりオリが沈殿することもあります(保管する際は20℃以下でお願いします)。

◆メルロー&カベルネ 2016

アルコール分 12 %

生産本数 約4,000本

 

※順次、全国酒販店様にご案内してお取り扱いをお願いしていきたいと考えています。

メルロー&カベルネ2016
 赤いベリーの香りの加え、ハーブ(ナツメグ、シナモン、ミント)やココナッツなどの香りが包み、味わいは丸いタンニンと穏やかな酸が特徴。雑味の少ないクリーンな味わいです。
お肉(ジビエ等)や肉じゃがなどの醤油、味醂を使用したお料理との相性はよいでしょう。

cha
シャルドネ/ソーヴィニヨン・ブラン

◆シャルドネ 2016

アルコール分 12.5 %

生産本数 約4,000本

◆ソーヴィニヨン・ブラン 2016

アルコール分 12.0%

生産本数 約4,000本

 

※順次、全国酒販店様にご案内してお取り扱いをお願いしていきたいと考えています。

シャルドネ 2016
 白い花と爽やかな柑橘系の果実を伴う香りは、バランスよく混じり合うビスケット様な香りとともに食欲をそそり、また、少し苦みを伴う酸味はお料理のうまみを引き出してくれるでしょう。
夏は少しだけ冷やして飲むのがお勧め。大きめのグラスを使い、グラス内で広がる香り、時間の経過による香りの変化もお楽しみください。

ソーヴィニヨン・ブラン 2016
 黄色い果実を連想させる香りと爽やかな酸味が特徴のワイン。
控えめな味わいは、一緒に頂く料理を選ばず、グラスを重ねることができる。少し冷やして飲むのがお勧め。(サラダ、魚料理などにも合う)。

2016 DESIGN

Mayca メイカさん
2002年東京生まれ。 2歳の頃より描き始める。『nbsa+×÷』をはじめ、たくさんの剌激的なアートと人に囲まれぐんぐんと芽を伸ばす。フライヤー、CDジャケット、結婚式のウェルカムボード、 クラブイベントへの出展にライブペイント、ドイツ老舗筆記具ブランドFaber-Castellへの作品提供など、多岐にわたり活動を続けている。2014年沖縄野外フェス「残波JAM」に最年少アーテイストとして出演。 DRAGON76, BAKIBAKI, MICHINORI MARU, KadsMIIDAら、日本を代表するライブペインターとの共同制作に参加。独自な世界観で独自な神様を描き出すのが得意。

Artist message
高山の満天の星たちのエネルギーがまず浮かんだ。そして夜と夜明けの狭間の白んだ空をグラデーションで表現して紫色は、ぶどうに限らず、そこにある全ての果実や実るものを描いた。 そして、果実たちがMAYCAが感じたのと同じ星々のエネルギ一を感じ、輝いて人々に幸せを贈る。