信州たかやまワイナリー

About Winery 信州たかやまワイナリーについて

Concept 世界に羽ばたくワインを目指して

信州たかやまワイナリーは、長野県の北部の高山村にあるワイナリーです。
春はうぐいす色の新緑に真っ白なりんごの花の匂い
夏は澄んだ空気にまばゆいばかりの日差しと打って変わって少しひんやり星の降る夜…
秋は息を飲む色とりどりの木々の絨毯 冬は、静まりかえった真っ白な世界に動物の足音に耳を澄ませ…
ブドウの木々は、その瞬間その瞬間を味わい…
厳しい日照り、恵みの雨、そして凍りつく過酷なマイナスの世界で過酷に成長してきました。
高山村では、1996年に初めてシャルドネが植えられました。それから20年、ワイン用ブドウの栽培に情熱を注いできました。
そしていつか、自分達の作ったワイン用ブドウで自分達でワインを作り、そして多くの人々に飲んでもらいたい。
これは、20年前から集まり始めたワイン用ブドウ農家の情熱になりました。
1本のワインぶどうの苗木から今では多くの人々が繋がりました。
代々畑を継いで農業をしている人と新たに農業を始めるために移り住んできた人と
高山村のパウダースノーに虜の人と温泉に通う人とこの地で暮らす人…と高山村を訪れた人…と。
1本のワインから起こる繋がりを大切に情熱を持ってワインを作っていきたいと思います。

History信州たかやまワイナリー設立まで

高山村は松川渓谷と、その扇状地に山里の原風景が広がる美しく豊かな自然環境に恵まれた農山村です。

高山村は標高が高く冷涼な気候で年間降水量が少なく、砂礫質な土壌、長い日照時間など果樹栽培に適した地域です。これらの自然条件を活かしてつくられるりんご・ぶどうは、市場から高い評価を受けています。
しかし、果樹の産地として長い歴史を持つ高山村も全国の例外ではなく、農業従事者の高齢化や後継者不足等により、遊休荒廃農地の発生など優良農地の保全が大きな課題がある地域の一つでした。そこで村は、平成18年に果樹栽培に適した自然条件と遊休荒廃農地の活用のために、ワインぶどう栽培に着目。村内外のワインぶどう栽培予定者等を中心に組織された高山村ワインぶどう研究会とともに、高山村産のワインぶどうの振興を図ってきました。
平成18年当初は、3名の栽培者により3ha程度であった高山村のワインぶどう畑も、現在では、約20名の栽培者により約40haまで栽培面積が拡大され、県内有数の栽培面積を誇る地になりました。今、高山村で栽培されたワインぶどうを原料として醸されるワインは、国内外のワインコンクールで上位入賞するなど、注目度急上昇中です。

平成28年、北アルプスを望む場所に信州たかやまワイナリーの建物が完成します。地域の活性化、産業発展を目指し、村内のワインぶどうからワインを醸造・販売します。さらに、産地形成にむけて醸造技術者等の養成も行っていきます。

Company会社概要

北アルプスを眺める景色の良い高山村黒部地区に、信州たかやまワイナリーが完成しました。

社名 株式会社信州たかやまワイナリー
事業案内 果実酒製造
住所 382-0823
長野県上高井郡高山村大字高井字裏原7926
Tel & Fax 026-214-8726
設立 2015年11月
資本金 7,000万円 (準備金を含む)
役員 代表取締役社長 涌井一秋
取締役執行役員・醸造責任者 鷹野永一
取締役 宮川栄一
取締役 岡村正儀